fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

「道路が寸断されて自衛隊が能登に救助に行けない。」はウソだと思う。

①自衛隊には寸断された道を応急処置的に修復する能力があるのではないか?


”道路が寸断されているから自衛隊が救助に入れないと、マスコミが弁解の報道を撒きまくっている。玉川徹まで 1/5 の朝番組でそうコメントしていて、その虚構を国民全員が信じ込んでしまっている。Xで誰も反論しない。道路が寸断されて誰も輪島や珠洲に入れないのなら、どうして消防や警察が現地で救助活動しているのだ。どうしてNHKや民放の記者が現場をぶらぶら歩いているのだ。
~略~
自衛隊には工兵(施設科)の組織がある。有事の際に道なき道を整備し、橋なき河に架橋し、陣地を構築して作戦を支援する部隊だ。陸自に装備と兵員の存在がある。今回の能登の震災対応など、まさに彼らの出番で活躍する舞台だろう。”
「救出活動やる気がない自衛隊と岸田官邸 - なぜ施設科を本格投入しないのか」より引用

「道が寸断されて被災地にいけない」というが、自衛隊には「道を応急処置的に直す」能力はないのだろうか?
と私は疑問に思っていた。

やはり、自衛隊には施設科があって、ある程度そのような能力をもっているようである。

任務の特性上、多くの建設機械を保有しているため災害派遣や国際貢献などでも施設科が活躍する[1]。
ウィキペディア「施設科」より引用
「救出活動やる気がない自衛隊と岸田官邸 - なぜ施設科を本格投入しないのか」という記事が指摘するように
Xやヤフコメの書き込みなどに「道路が分断されて自衛隊が入れない。自衛隊を大量に送り込むべき、というのは素人の意見」というようなものを数多く見た。

通行止め箇所を示す地図を貼り「状況がわかっていないのに政府批判するな」と書いている人もいた。
また、陸がだめなら「空や海からいけないのか」という意見に対して「海岸線は津波とがけ崩れで使えない」「空路は安全な離着陸場がない」など、まるで「出来なことの理由を探している」かのように感じた。

②都道府県の要請がないと自衛隊出動できない、は嘘。

ヤフコメなどに、次のような意見がある。

「災害派遣は都道府県知事の要請が必要。(自衛隊法第83条の規定)要請がないのに勝手に自衛隊が動けない。」

「災害派遣には都道府県知事の要請が必要」というのは間違いだろう。

”自衛隊は、天災地変その他災害に対して人命または財産の保護のため必要があると認められる場合は、都道府県知事等の要請(ただし、特に緊急を要する場合は、要請を待たずに)に基づき、防衛大臣またはその指定する者の命令により派遣され、捜索・救助、水防、医療、防疫、給水、人員や物資の輸送など、様々な災害派遣活動を行います。”
「災害派遣の仕組み」
より引用。
ここに「特に緊急を要する場合は、要請を待たずに」とある。
今回の能登半島地震は特に緊急を要する場合に該当するのではないか。

・「派遣先の部隊の規模等により初動対処人数が決定される。総理の意向は関係ない。」
派遣までの流れ


上の表を見ると、「大臣または大臣の指名する者」が派遣命令を出すのだから、初動対処人数も「大臣または大臣の指名する者」が出すと考えられる。

これに対して岸田文雄首相は「(陸上自衛隊西部方面隊の拠点がある)熊本にはそもそも1万人を超える自衛隊が存在したが、今回は大規模部隊はいなかった。単に人数だけを比較するのは適当ではない」
木原稔防衛相も「道路の復旧状況も見ながら人数を増やした。逐次投入との批判は全く当たらない」と反論しているが
(「自衛隊派遣、なぜ小出し?熊本地震時の5分の1 対応できない救助要請たくさんあったのに…首相の説明は」)
能登半島に大規模部隊がいないのであれば、全国から収集することを考えるべきではないか。

「自衛隊1000人を派遣予定 別の8500人が出動待機 石川で地震」
上の記事は地震が起こった2024年1月1日付のものだが、「陸上自衛隊中部方面隊の約8500人をいつでも派遣できるよう待機させている」とある。
翌日(1月2日)にこの8500人を派遣することもできたのではないか?

③自衛隊は自分達の食料や寝所は用意して被災地に向かうのでは?

こういうカキコミもあった。

・救助隊が行くためには、食料、寝泊まりする場所、トイレが必要。大勢の自衛隊が被災地に行けばかえって迷惑。

いまや、一般人のボランティアでさえ、食料、寝る場所を自ら用意していくというのは当たり前だ。
自衛隊がそういう物を用意しないまま行く、などということがありえるのだろうか。
トイレについても簡易トイレなどを用意していくのではないかと思う。

④マスコミのデマを信じる人が大勢いた?

私は人命救助を第一に考えないこのような意見がなぜ多いのかと疑問に思っていたが、
「救出活動やる気がない自衛隊と岸田官邸 - なぜ施設科を本格投入しないのか」という記事は

・道路が寸断されているから自衛隊が救助に入れないと、マスコミが弁解の報道を撒きまくっている。
・マスコミがまき散らしたデマを国民全員が信じ込んでしまっている。

と記している。

私の家にはテレビがないので、知らなかったが、どうやらテレビ報道などが「道路が寸断されているから自衛隊が救助に入れない」というデマをまき散らしたらしい❔

そうであるならば、たいへん残念なことである。
デマをまき散らす方も残念だが、デマを信じる人が大勢いることも残念だ。
マスコミや他人の言うことはうのみにせず、疑問をもって自分の頭で考えることが大切だと
自戒の念も込めて、そう思う。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2024/01/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arhrnrhr.blog.fc2.com/tb.php/1339-ee2c42ee