FC2ブログ












男女双体の神 (海石榴市観音堂) 

海柘榴観音付近
海石榴市観音付近

古代、海柘榴市観音堂のあたりは多くの道が交わる交通の要所で、『海石榴市(つばいち)』と呼ばれる市がたっていた。
たいそう賑やかな場所だったのだろう。
しかし今は民家と田んぼと畑があるばかりで、境内には小さなコンクリート造りのお堂が建っているだけである。

境内の入り口付近には万葉歌碑があり、2首の万葉歌が刻まれていた。

紫は ほのさすものぞ 海石榴市の 八十のちまたに 逢へる子や誰
(媒染剤の灰をいれると布がぱっと紫色に染まりまるように、私を見て顔を赤らめた海柘榴市の辻で出会った貴女。貴女の名前を教えていただけませんか。)

たらちねの 母が呼ぶ名を 申さねど 道行き人を 誰と知りてか
(母が呼ぶ私の名をお教えしたいけれども、通りすがりの人が誰かは分からないのでお教えできません。)  


古代、海石榴市には歌垣という習慣があった。
歌垣とは歌をかけあいながら男女が交わるという、古代のフリーセックスの習慣のことである。

万葉歌には『八十のちまたに』とあるが、八衢神という神さまがいる。
八衢神は道祖神と習合されており、八衢神と道祖神は同一神だと考えてもいい。

昔から道の分岐点には道の守護神として道祖神が祀られる習慣があった。
道祖神は陰陽物を象ったり、手をつなぎあう男女双体の神像として作られた。
一般的に男の神様はサルタヒコ、女の神様はアメノウズメだと言われている。
道祖神は『別れ道』を司る神なので、男女の出会いや別れをも司る神だと考えられたのだろう。

なぜサルタヒコとアメノウズメが道祖神なのだろうか。
それは記紀神話の天孫降臨のシーンによるものだろう。

天孫ニニギの葦原中国降臨の際、天上の道が八衢に分かれている場所に立ち、高天原から葦原中国までを照らす神があった。
アメノウズメが名を尋ねると『私は国津神で猿田彦神と申します。ニニギを葦原中国まで道案内しようと思い参りました』と答えた。


サルタヒコは高天原から芦原中国までを照らす神とあるが、これにぴったりな神名を持つ神様がいる。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)、である。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊という神名は先代旧事本紀の記述で、記紀では単にニギハヤヒとなっている。

初代神武天皇はもともとは日向に住んでいたが、あまりに国の端なので東征の旅にでた。
その際、シオツチの翁が「東にはニギハヤヒがすでに天の磐船を操って天下っている。」と発言している。
ニギハヤヒは物部氏の祖神なので、神武以前、畿内には物部王朝があったとする説がある。

記紀には天照大神は女神であると明記されているが、天照大神は男神であるという伝承は各地に伝わってる。
天岩戸に籠もったアマテラスはアメノウズメのストリップに興味を持って外に出てきているが、女性のストリップを喜ぶのは男だ、よってアマテラスは男神だという説もある。
そこで、本当の天照大神とは天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊=ニギハヤヒではないかとも言われている。

話の続き。

こうしてニニギは猿田彦神に道案内されて葦原中国の日向の宮へと天下った。
その後、ニニギは天鈿女に『猿田彦神をもともと彼が住んでいた伊勢へと送り届け、猿田彦神の名前を伝えて仕え祭れ』と命じた。
ここから天鈿女は猿女君と呼ばれるようになった。
のちに猿田彦は伊勢の阿邪訶(あざか。現松阪市))の海で漁をしていた時、比良夫貝(ひらふがい)に手を挟まれて溺れ死んだ。(古事記)


私はこのサルタヒコ&アメノウズメの話は、仏教の神・大聖歓喜天の伝説に似ていると思う。、

インドのマラケラレツ王は大根と牛肉が大好物であった。
牛を食べつくすと死人の肉を食べるようになり、死人の肉を食べつくすと生きた人間を食べるようになった。 
群臣や人民は王に反旗を翻した。
すると王は鬼王ビナヤキャとなって飛び去ってしまった。 
その後国中に不幸なできごとが蔓延し、それらはビナヤキャの祟りであるとされた。
そこで十一面観音はビナヤキャの女神に姿を変え、ビナヤキャの前に現われた。
ビナヤキャはビナヤキャ女神に一目ぼれし、『自分のものになれ』と命令した。
女神は『仏法を守護することを誓うならおまえのものになろう』と言い、ビナヤキャは仏法守護を誓った。 


相手の足を踏みつけているほうが、十一面観音の化身ビナヤキャ女紳である。(図→
また、中国には伏羲と女媧という男女双体の神様もいる。
人頭蛇体で、伏羲の右手と女媧の左手が繋がってる。(図→

私は道祖神と大聖歓喜天、伏羲&女媧は習合されているのではないかと思う。

ニニギは猿田彦神に道案内されて葦原中国へ天下ったのち、天鈿女に『猿田彦神をもともと彼が住んでいた伊勢へと送り、彼の名前を伝えて仕え祭れ』と命じている。
『彼の名前を伝えて仕え祭れ』というのは、ニニギは天鈿女に『猿田彦と結婚せよ』と命じたということだろう。

次にニニギは天鈿女に『猿田彦神に仕え祭れ』と命じているが『仕える』というのは『性的に奉仕する』ということだと思う。
天鈿女は天照大神が天岩戸に隠れたときにはストリップをして神々を笑わせている。
また猿田彦神に出会ったときにも胸を開き、帯をずらして誘惑している。
アメノウズメはセックスの女神なのである。

そして『祭る』というのは『神として崇める』ということだが、かつて怨霊と神は同義語であったといわれる。
怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人のことで、天災や疫病の流行は怨霊の仕業でひきおこされると考えられていた。
そこで怨霊が祟らないように神として祀ったのである。
怨霊を慰霊したものを御霊という。
ということは、ニギハヤヒ=猿田彦は怨霊だったということである。
神武以前に物部王朝があったのだとしたら、物部氏の祖神であるニギハヤヒは怨霊だといえるだろう。
物部王国は神武によって滅ぼされたと考えられるからだ。

サルタヒコは伊勢の阿邪訶(あざか。現松阪市)の海で漁をしていた時、比良夫貝に手を挟まれて溺れ死んでいる。
貝は女性器を比喩したものだろう。
つまり、サルタヒコはアメノウズメの女性器に手を挟まれて抜けなくなり、愛欲に溺れて死んだのだ。

サルタヒコとアメノウズメは手を繋ぎあっているのではなく、アメノウズメによってサルタヒコの手がおさえつけられ、身動きできなくなった状態を表しているのだと思う。

大聖歓喜天は女神が男神の足を踏みつけているが、中国の伏羲&女媧や、日本の道祖神は女神が男神の手を握って押さえつけているのだろう。
日本の道祖神の中には、大聖歓喜天のようにアメノウズメがサルタヒコの足を踏みつけているものや、和合した姿のものもある。
足を踏みつけるとか、手を押さえつけるというのが、男女和合を表すサインであるということは言うまでもない。

そしてサルタヒコは伊勢でなくなっているが、伊勢には天照大神を祀る伊勢神宮がある。
サルタヒコの故郷とは伊勢神宮であり、サルタヒコが本当の天照大神だということなのだろう。

いや、サルタヒコとアメノウズメの男女双体の神が天照大神だと言ったほうがいいだろうか。
それで天照大神は女神として登場したり、男神として登場したりするのではないだろうか。

天皇家は天照大神の子孫だとされているが、本当の天照大神は猿田彦=ニギハヤヒと天鈿女の男女双体の神なので、物部氏は天照大神の子孫だということになるだろう。

天皇家の始祖は物部王朝の入り婿になることで、政権を手中にしたのではないだろうか。
そうであれば天皇家が天照大神の子孫だと称しても嘘ではない。

記紀神話には入り婿になる話がやたら多い。
神武の先祖であるニニギも、山幸彦も入り婿になっている。

前回の記事「紀氏の祖神・ソサノオ」 で、スサノオの八俣の大蛇退治伝説について紹介した。

八俣の大蛇を退治したスサノオはクシナダヒメと結婚して根之堅洲国へ行くが、根之堅洲国とは死後の国のことである。
結婚した二人がなぜ死後の国へ行ったのか。
それは、男神=荒霊、女神=和霊で、男女が和合するということは、荒霊を鎮める呪術であったからだと私は述べたが、今日の記事でそのことがご理解いただけたことと思う。

コンクリート造りの海石榴市観音堂の格子扉から中を覗くと、聖観音と十一面観音の二体の石像がお祭りされていた。

海柘榴観音


聖観音はビナヤキャまたはサルタヒコ、十一面観音はビナヤキャ女神(ビナヤキャ女神は十一面観音の化身)またはアメノウズメを表しているのではないだろうか。

海石榴市観音堂・・・奈良県桜井市金屋

banner (5)

[2014/06/06 21:00] 奈良 | トラックバック(-) | コメント(-)

紀氏の祖神・ソサノオ 

貴船祭 出雲神楽 
貴船祭 出雲神楽

前回の記事、「貴船は紀船? (貴船神社 貴船祭) 」において、私は次のようなことをお話しした。

①貴船神社・奥の院の船形石には次のような伝説がある。
「反正天皇の時代、黄色い船にのり、黄色い服を着た神が難波の津に降りたち、次のように言った。
『私は皇母玉依姫(神武天皇の母)である。私の船が止まるところに祠を作るように』 と。
船は蜑女崎(尼崎)、菟道川、鴨川を経て鞍馬川と貴船川の合流点に達し、貴船川を遡り、霊境吹井のある場所に鎮座した。 
これが黄船の宮となったと伝わり、奥の院にある船形石はその船が人目を忌んで石に包まれたものである。 」

②玉依姫という神は記紀神話にも登場する。
「兄・海幸彦(ホデリ)の釣り針をなくした弟の山幸彦(ホオリ)は釣り針を探して龍宮城にやってきた。
ホオリは海神の娘・豊玉姫と恋に落ちて結婚した。
しかし3年後、なくした釣り針は赤鯛の喉にひっかかっているのが見つかり、ホオリは元の世界へと戻っていった。
ホオリの子を身籠った豊玉姫はホオリを追ってホオリのいる世界へとやってきた。
そして『自分が出産する様子を決して見ないように』 とホオリに約束させるが、ホオリは我慢できなくなって覗き見てしまう。
産屋の中にいたのは、大きなワニであった。
豊玉姫は自分の本当の姿を見られたことを恥じて海の世界に戻ってしまった。
そして代わりに妹の玉依姫を遣わし、御子(ウガヤフキアエズ)を養育させた。
玉依姫は甥のウガヤフキアエズを養育し、後にウガヤフキアエズの妻となり、イツセ、イナヒ、ミケヌ、カムヤマトイワレビコを産んだ。
このカムヤマトイワレビコが初代神武天皇である。

③兵庫県尼崎市に長洲貴布禰神社があり、次のように言い伝わっている。
「平安京遷都の際、調度の運搬を命ぜられた紀伊の紀氏が「任務が無事遂行できますように」と自身の守り神に祈願したところ、事がうまく運び、そのお礼にこの社を建てた。」

④高田祟史さんは貴船神社は紀船神社で紀氏が祭祀する神社だとおっしゃっている。


②の伝説では「ホオリは海神の娘である豊玉姫と結婚してウガヤフキアエズが誕生した。」となっている。
ここに登場する海神はスサノオと同一神とみなされることが多い。
というのは、スサノオはイザナギに「大海原をおさめよ」と命じられているからだ。
しかし、記紀(古事記と日本書紀)にはスサノオが大海原をおさめたという記述は ない。
そうではなくスサノオは根の国の王として登場する。
根の国とは死後の国のことである。

根の国がどこにあったのかについては諸説ある。

古事記・・・・・・・・・・黄泉平坂(この世と黄泉の国の境)と同じとする。             
            大国主が根の国へ行く前に「木の国」へ行ったという記述から、根の国は紀国にあるとする説もある。
大祓の祝詞・・・・・・海の彼方または海の底。
日本書紀・一書・・・イザナミが熊野に葬られたとあり、ここからイザナミが住む根の国は紀伊国、熊野であるとする説がある。

どうやら根の国は出雲の黄泉平坂であるとも、紀国・熊野であるとも考えられていたようである。

また大祓の祝詞で根の国を海の彼方または海の底としていることも紀国を示唆しているように思われる。
というのは、かつて紀国の那智勝浦において補陀落渡海が行われていたからである。
補陀落渡海とは南方海上にある補陀落という浄土に向かって船で旅立つことで、捨身行のひとつであった。
具体的には行者を閉じ込めて出られないような状態にした船を沖まで別の船が曳行し、綱を切った。
紀国において補陀落渡海が行われていたということは、紀国が海の神に対する信仰が厚い地域であったことを示すものだろう。
そして紀州を本拠地としていた紀氏は紀州の豊富な森林資源を生かした造船技術に優れていたことも、紀国の海の神に対する信仰と無関係ではないだろう。

尼崎市の長洲貴布禰神社は紀氏が創建したといい、京都の貴船神社も紀氏の氏神を祀る神社である可能性が高い。
そして、ホツマツタエという書物では、紀氏の祖神はソサノオであるとしている。
紀伊半島の南部を昔ソサといい、ソサで生まれたのでソサノオと名付けられたという。
とすれば、海神=スサノオ(ソサノオ)の娘・玉依姫は紀氏の神だということになる。

貴船祭では貴船神社奥の院において、出雲神楽が奉納されている。
それは次のような記紀の物語を神楽にしたものだった。

スサノオは天の機屋に馬の逆剥ぎを投げ込み、織女のひとりが死ぬという事件がおきた。
天照大神はこの事件に堪忍袋の緒を切らして天岩戸に籠ってしまう。
(天岩戸に籠るというのは、石室に死体が安置されているイメージである。
そのようなところから、死んだ織女とは天照大神自身のことだと考えられている。 )
結局、天照大神は天岩戸から出てきたが、スサノオは罰せられ、高天原を追放されて葦原中国へ天下った。

きぶねまつり くしなだひめ
アシナヅチ・テナヅチ・クシナダヒメ (貴船祭 出雲神楽より)

芦原中国へ天下ったスサノオはアシナヅチ・テナヅチという老夫婦に出会う。
老夫婦はスサノオに次のように言った。
「私たちには8人の娘がいたが、八岐大蛇に食べられてしまって今は娘はクシナダヒメ一人になってしまった。
今年は末娘のクシナダヒメが食べられてしまう。どうぞ助けてください。」
そこでスサノオはアシナヅチ・テナヅチに強い酒を用意させた。
そして八岐大蛇に酒を呑ませ、酔っぱらって眠ってしまったところを十拳剣で斬って退治した。
八岐大蛇の尾から草薙剣が出てきたので、これを天照大神に献上した。
スサノオがクシナダヒメと結婚して出雲の根之堅洲国(現;島根県安木市)の須賀の地にいき
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を」と歌を詠んだ。

この物語の舞台は出雲ではなく紀国であったのかもしれない。

さて、物語の中に根之堅洲国と出てくる。
根之堅洲国とは死後の世界のことである。
スサノオとクシナダヒメは結婚して死後の国へ行ったのである。
なぜ結婚して死の国へいくのか、と思われる方があるかもしれないが、男神=荒霊、女神=和霊で、男女が和合するということは、荒霊を鎮める呪術であったと私は思っている。
長くなるので、これについては次回。

貴船祭 出雲神楽 スサノオと大蛇3 
八俣の大蛇を退治するスサノオ(貴船祭 出雲神楽より)  

貴船神社・・・京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
貴船祭・・・6月1日 午前11時~午後6時頃

banner (5)

[2014/06/05 21:00] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

貴船は紀船? (貴船神社 貴船祭) 

貴船神社 神輿 
貴船祭(貴船神社 6月1日)

貴船川には既に夏の風物詩である川床が出され、その下を清流が轟音をたてて流れていた。
「ほいっと、ほいっと」という掛け声が轟音をかき消したかと思うと、御神輿を担いだ氏子さんたちが現れた。
お神輿は貴船川を遡って奥宮へと向かっていった。

奥宮は鬱蒼とした木立に囲まれて、昼間だというのに薄暗い。
神殿の傍らには船形石があり、子供たちがその周囲を「おせんどんどん」と言いながら回っていた。
お千度参りである。

船形石には次のような伝説がある。

「反正天皇の時代、黄色い船にのり、黄色い服を着た神が難波の津に降りたち、次のように言った。
『私は皇母玉依姫(神武天皇の母)である。私の船が止まるところに祠を作るように』 と。
船は蜑女崎(尼崎)、菟道川、鴨川を経て鞍馬川と貴船川の合流点に達し、貴船川を遡り、霊境吹井のある場所に鎮座した。
これが黄船の宮となったと伝わり、奥の院にある船形石はその船が人目を忌んで石に包まれたものである。 」

玉依姫という神は記紀神話にも登場する。
次のような物語である。

兄・海幸彦(ホデリ)の釣り針をなくした弟の山幸彦(ホオリ)は釣り針を探して龍宮城にやってきた。
ホオリは海神の娘・豊玉姫と恋に落ちて結婚した。
しかし3年後、なくした釣り針は赤鯛の喉にひっかかっているのが見つかり、ホオリは元の世界へと戻っていった。
ホオリの子を身籠った豊玉姫はホオリを追ってホオリのいる世界へとやってきた。
そして
『自分が出産する様子を決して見ないように』
とホオリに約束させるが、ホオリは我慢できなくなって覗き見てしまう。
産屋の中にいたのは、大きなワニであった。豊玉姫はワニであったのだ。
豊玉姫は自分の本当の姿を見られたことを恥じて海の世界に戻ってしまった。
そして代わりに妹の玉依姫を遣わし、御子(ウガヤフキアエズ)を養育させた。
玉依姫は甥のウガヤフキアエズを養育し、後にウガヤフキアエズの妻となり、イツセ、イナヒ、ミケヌ、カムヤマトイワレビコを産んだ。
このカムヤマトイワレビコが初代神武天皇である。

伝説では海神(スサノオ)の娘である玉依姫は黄色い船に乗って現れたとあるが、
黄色い船=黄船=貴船、という謎々になっているのだろう。

そして小説家の高田祟史さんによれば、貴船とは紀船で紀氏が祭祀する神社であるという。
貴船=黄船=紀船
と、謎々にはまだ奥があったのだ。

兵庫県尼崎市に長洲貴布禰神社があり、次のように言い伝わっている。

平安京遷都の際、調度の運搬を命ぜられた紀伊の紀氏が「任務が無事遂行できますように」と自身の守り神に祈願したところ、事がうまく運び、そのお礼に吉備真備に謀ってこの社を建てたと。

貴船神社は貴布禰神社と記すこともある。

また貴船神社の伝説によれば、玉依船が乗った船は蜑女崎(尼崎)→菟道川→鴨川→鞍馬川と貴船川の合流点→貴船川→霊境吹井と移動しているが、この中に蜑女崎(尼崎)がある。
紀氏は平安遷都後に長洲貴布禰神社を創祀したのだが、貴船神社の玉依姫の伝説は、反正天皇代の話とされているが、実際には平安遷都後で、尼崎に 長洲貴布禰神社があったところから、このような伝説が作られたのかもしれない。

とすれば、やはり高田祟史さんがおっしゃるように、貴船神社は紀氏が祭祀した神社なのだろう。

紀氏の本拠地は紀州で、豊富な森林資源を生かして優れた造船技術を持っていたらしい。
尼崎市の長洲貴布禰神社の言い伝えに「平安京遷都の際、調度の運搬を命ぜられた」とあるが、調度は船に乗せて河を下ったのだろう。

貴船神社は長年、下鴨神社の摂社とされてきた。
貴船神社はこれを不服として訴え続けてきたが、明治になって独立した神社と認められている。

下鴨神社は鴨氏の氏寺であるので、紀氏の氏寺である貴船神社は下鴨神社の摂社とされることが耐え難かったのではないだろうか。

貴船神社・・・京都市左京区鞍馬貴船町180


banner (5)



[2014/06/03 21:00] 京都 | トラックバック(-) | コメント(-)