FC2ブログ












土蜘蛛の謎⑳ 空也と茶の湯 (最終回) 

土蜘蛛の謎⑲ 平将門を慰霊した時宗の僧侶たちよりつづきます~

●空也は本当に高価なお茶を病人に飲ませたのか?

六波羅蜜寺 皇服茶
  
六波羅蜜寺 皇服茶

951年に京で疫病が流行った際、空也は十一面観音を刻んで市中を引き回し、病人にはお茶を飲ませたという。
これにちなみ、六波羅蜜寺では正月に仏前に献じたお茶に梅干しと結び昆布をいれた皇服茶の授与を行っている。

しかし、これをにわかに信じることはできない。

お茶は中国が原産地で、平安時代に空海が遣唐使として入唐し、帰国する際に日本に持ち帰ったといわれている。
これが事実であるとしても、その量は僅かなものであり、平安時代のお茶はたいへん高価なものであったと考えられる。
このように高価なものを、一般民衆に飲ませることは不可能だろう。

その後、鎌倉時代になって臨済宗の開祖・栄西が2度にわたって宋へ赴き、「喫茶養生記」を記した。
また明恵が京都栂尾の高山寺に日本最古の茶園を作り、伊勢、伊賀、駿河、武蔵などでも茶が栽培されるようになった。
茶というものが一般的になってくるのはどう考えても鎌倉時代以降で、空也上人が活躍していた平安時代では早すぎる。

皇服茶は大福茶とも呼ばれ、北野天満宮では大福茶に入れる梅干し(王福梅)を年末に授与している。

北野天満宮 大福梅

北野天満宮 大福梅


『都名所図絵雑談抄』によれば、この大福茶を951年に村上天皇が飲んだところ、村上天皇の御脳(御脳とは何のことなのか、私にはよくわからない。)が平癒したと記されている。

もしかしたら空也は951年の疫病流行の際、村上天皇や一部の上流貴族にのみお茶を飲ませたのだろうか。
これならありえそうだが、『都名所図絵雑談抄』の大福茶の記述には空也の名前は全く出てこない。
やはり「皇服茶」または「大福茶」というものがまずあって、あとから空也が病人にお茶を飲ませたという伝説を作ったと考えたほうが筋が通るのではないだろうか。

霊山寺 初福茶 

霊山寺(奈良) 初福茶

②茶道と髑髏(ドクロ)杯

それではなぜ空也とお茶が結び付けられたのだろうか。

織田信長や高野蘭亭、徳川光圀らが髑髏(ドクロ)杯を作った、あるいは持っていたという記録がある。
黒田官兵衛の兜は茶碗をひっくり返したような形をしているが、この兜のデザインの発想は、茶碗にドクロのイメージがあるところからきているのではないかと思う。

空也堂の空也忌では大福茶として人の頭ほどもある大きな茶碗でお茶を回し飲みするが、この大きな茶碗はまさしくドクロのイメージである。

大きな茶碗のことを鉢というが、人の頭のことも鉢といい、鉢巻、鉢合わせなどの言葉もある。
戦国武将らはみな茶の湯をたしなんでいたが、それは茶の湯に髑髏杯のイメージがあったからではないだろうか。

髑髏杯を作る習慣は世界中であったが、その多くは討ち取った敵の髑髏を用いて作られている。
髑髏杯とは武勇の証であったのではないだろうか。
戦国武将たちは茶碗を敵の髑髏杯に喩え、その茶碗で茶を飲むことで、自らの勝利を祝ったり、また願ったりしていたのではないだろうか。

以前の記事、土蜘蛛の謎⑯ 東国に飛び立った将門の髑髏 と 東国へ旅立った空也で述べたように、私は空也とは平将門の首を聖人化したものだと考えているが、平将門は940年に討死し、その首は鴨川のほとりで晒されている。
そういったところから、空也=将門は茶の湯と結び付けられたのではないだろうか。

神田明神

膏薬図子 神田神宮(京に持ち帰られた平将門の首が晒された場所に立つ)

将門の首塚 
将門の首塚(東京都) 京都で晒されていた将門の首は東へ向かって飛んでいき、ここに落ちたと伝わっている。

以前、インターネットのあるサイトで次のように記した文章を読んだ記憶がある。
「空也上人は公孫樹の木に釜をかけ、お茶を点てた。」
これは「平将門の首が鴨川のほとりの公孫樹の木に晒された」といわれていることと対になっているようで、大変興味深い。

「平将門の首が鴨川のほとりの公孫樹の木に晒された」というのが陰、そしてこれを陽に転じたのが「空也上人は公孫樹の木に釜をかけ、お茶を点てた。」ということなのではないかと思えるのだ。

何度も述べているように私は空也とは将門のドクロを聖人化したものだと考えている。
後世の人々は将門の髑髏杯でお茶を飲むことによって、疫病を退散させることができると考えたのではないか。
そしてここから、空也(=将門の髑髏)が病人にお茶を飲ませたという伝説が生じたのではないだろうか。

③空也は醍醐天皇の第2皇子だった

これで平将門と空也についての考察は終わりだが、実はもう一点、疑問が残っている。
それは六波羅蜜寺では空也を醍醐天皇の第二皇子としていることである。

醍醐天皇の第二皇子とは保明親王のことである。
保明親王の生年は平将門や空也と同じ903年である。
藤原時平の後押しを受けて醍醐天皇の皇太子となったが、923年に21歳の若さで薨去した。
そこで醍醐天皇は保明親王の第一王子・慶頼王を皇太子としたが、925年にわずか5歳で薨去。
保明親王や慶頼王の死は菅原道真の怨霊の仕業であると考えられた。
藤原時平の讒言をうけて道真を大宰府に流罪としたのが醍醐天皇なので、保明親王・慶頼王の相次ぐ死は醍醐天皇にこの上ない恐怖を引き起こしたことだろう。
930年、清涼殿に落雷があり、多くの死傷者が出た。
そしてこの事件もまた菅原道真の怨霊の仕業であると考えられた。
醍醐天皇はこの事件から3か月後に崩御されたが、その理由は清涼殿落雷事件にショックをうけてノイローゼとなったためだとも言われている。

大阪天満宮 人形 
大阪天満宮に展示されている菅原道真の人形

平将門、空也、保明親王の関係はどうなっているのか?

私は空也とは平将門の首のことだと考えている。空也=平将門
そして平将門と保明親王は実は双子なのではないかと考えてみたりもした。

かつて双子は畜生腹として忌まれ、双子の片割れは殺されたり、里子に出されたりしたと聞いたことがある。

平将門は別名を豐田小次郎、相馬小次郎、滝口小次郎といった。
「小次郎」という名前は次郎よりも小さいという意味で三男につけることがあったようである。
『尊卑分脈』では将門は三男で、「将持」「将弘」という二人の兄がいるとしている。
それで将門の別名は『小次郎』なのだろうか。
しかし、伊達小次郎(伊達政宗の弟)は次男であり、小次郎という名前にはいろんなケースがあったようである。
将門は双子の弟ということで、小次郎というのではないかと考えてみたりした。
しかし、決定的な根拠とはいいがたい。

これは今後の宿題とさせていただいて、ひとまずはこの長いエッセイを終わることにしたい。


※長々とおつきあいくださいまして、ありがとうございました♪


トップページはこちら→ 土蜘蛛の謎① 亀石伝説
※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村

スポンサーサイト

[2017/04/19 09:40] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑲ 平将門を慰霊した時宗の僧侶たち 

土蜘蛛の謎⑱ 「空也が十一面観音を刻んだ」ということの意味  より続きます~


①空也はなぜ阿弥陀仏ではなく十一面観を刻んだのか


File:Kuya Portrait.JPG

六波羅蜜寺 空也像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ae/Kuya_Portrait.JPG よりお借りしました。
作者 ASUKAEN [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

空也像は各地にあるが、上の六波羅蜜寺像のように、口から六体のみほとけがほとばしり出るおすがたに作られる。
空也堂の空也像も作風は異なるがこのようなおすがただった。

空也の口からほとばしりでる6体のみほとけは「南無阿弥陀仏」の六文字を表すと言われる。

空也は「誰でも南無阿弥陀仏と唱えさえすれば極楽浄土へ行ける」と説いたと言われる。
そのため、このような像が作られたのだろう。

しかし疑問がある。

阿弥陀信仰は、平安時代には一部の貴族たちの間でブームとなった。
しかしそれはあくまで一部の貴族のためのものであり、「誰でも極楽浄土へ行ける」というような教えではなかった。

仏教が一般庶民のものとなっていくのは、鎌倉時代以降とされている。
浄土宗の開祖とされる法然が「誰でも南無阿弥陀仏と唱えさえすれば極楽浄土へ行ける」と説いたことは、仏教が一般庶民のものとなるのに大きな影響を与えたことだろう。

法然より200年も早い時代の僧侶だった空也もまた、「誰でも南無阿弥陀仏と唱えさえすれば極楽浄土へ行ける」と説いたという。
しかし空也の時代の阿弥陀信仰は先ほども述べたように一部の貴族に限定されたものだった。
ときどき時代の先端を走りすぎてブームに乗れない人がいるが、空也もそういうタイプの人間だったのだろうか。

私は平安時代の僧の空也が一般民衆に阿弥陀信仰を説いたと考えるのは無理があると思う。
第一、空也が阿弥陀信仰を説いたというのが真実であるならば、十一面観音ではなく阿弥陀仏を刻んだはずである。

②空也は将門の首を聖人化した架空の存在だった?

平定盛という猟師が鹿を殺したことを悔い、空也を開祖として空也堂を創建したという。
空也堂には「平貞盛焼き捨ての兜」なるものがあり、平定盛とは平貞盛のことだと考えられる。

空也堂 平貞盛 焼捨の兜

平貞盛とは藤原秀郷と共に朝廷に命じられて将門討伐に向かった人物である。
すると平定盛(平貞盛)が殺した鹿とは平将門の比喩だと考えられる。

空也堂は平将門鎮魂の寺であり、空也堂のご本尊は平将門の怨霊封じ込めの像だと考えるのが自然だろう。

ところが空也堂のご本尊は空也像だった。

空也堂 歓喜踊躍念仏

空也堂 空也歓喜踊躍念仏

そして空也堂の空也忌は11月13日とされているが、この日は空也の命日ではなく、空也が東国へ旅立った日だという。
鴨川のほとりで晒されていた将門の首は飛び上がって故郷の東国へ飛び立ったという。
空也とは平将門の首を聖人化した架空の人物ではないのか?

将門の首塚

将門の首塚(東京都千代田区 京から飛んできた将門の首はここに落ちたと伝わる。)

③時宗は将門を慰霊することに力を注いだ宗派だった。

法然の後、鎌倉末期に一遍が浄土教の一派である時宗を開いた。
一遍は各地を遊行して踊念仏を行い、六字名号を記した念仏札を配った。

染殿院
 
京都の新京極通商店街にある染殿院は一遍が念仏札を配った市場釈迦堂跡とされる。

一遍聖絵には、京都にやってきた一遍と弟子たちが四条釈迦堂で念仏札を配り、空也上人が創建したとされる六波羅蜜寺を参拝し、平安京の東市(現在の西本願寺付近)で踊念仏を行っている様子が描かれている。

四条釈迦堂は将門の首が晒された鴨川のほとりにあった。
また、東市は空也が市屋道場を開いたとされる場所である。

神田明神

膏薬図子 神田神宮(京に持ち帰られた平将門の首が晒された場所に立つ)

空也とは将門の首を聖人化したものだと考えられる。
とすれば「空也が市屋道場を開いた」とは「誰かが将門を慰霊するための念仏道場を作った」ということを、「将門の霊が自ら成仏しようとして念仏道場をたてた」という言い方をしたものではないだろうか。
つまり、一遍は京の平将門ゆかりの地を訪れて念仏札を配り、踊念仏を行ったのではないかと思うのだ。

1307年には時宗の僧・他阿真教が平将門に蓮阿弥陀仏と法名を送っている。
1309年ごろには時宗の進教上人が将門の首塚を慰霊している。
このように見てみると時宗は将門を慰霊することに力を注いだ宗派だったように思える。

File:Ippen Biography 3.jpg

一遍聖絵 四条釈迦堂
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7e/Ippen_Biography_3.jpg よりお借りしました。
作者 En'i (円伊) (Tokyo National Museum) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


③六波羅蜜寺の隠れ念仏は一遍に由来する?

六波羅蜜寺では年末に『隠れ念仏』を行っている。
鎌倉時代、念仏は幕府より弾圧を受けていた。
そのため、薄暮に屏風に隠れてこっそりと念仏を行ったことに由来するものだと言われ、僧侶たちが「ノーボーオーミトー」と唱えながら、鉦を打ち、秘仏・十一面観音の厨子の前をくるくると踊るように回る。
「ノーボーオーミトー」とは南無阿弥陀仏のサンスクリット語の発音なのだそうで、念仏だとわかりにくくするためこう唱えるのだと言われている。 (六波羅蜜寺の隠れ念仏は撮影禁止のため写真はありません。)

六波羅蜜寺 追儺式3

六波羅蜜寺 追儺式に登場した土蜘蛛


六波羅蜜寺で踊念仏を行うようになったのは、一遍が六波羅蜜寺を参拝し、東市で踊念仏を行ったことに由来するものではないだろうか。

一遍が踊念仏を行ったのは、将門の霊を慰霊するためだと思う。
一遍は次のように考えたのではないだろうか。

六波羅蜜寺の十一面観音は平将門の本地仏だと考えられるが、この十一面観音はなかなか成仏せず、人々に祟り続ける。(=平将門の怨霊はなかなか成仏せず、人々に祟り続ける。)
そのような罪深い十一面観音(=平将門の怨霊)ではあるが、法然は「誰でも南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土へ行ける」と説いた。
十一面観音(=平将門の怨霊)も南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土へ行けるはずだ、と。

つまり、踊念仏の始祖は空也ではなく一遍であり、空也が「誰でも南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土へ行ける」と説いたというのは、すでに死亡していた空也(=平将門の霊)が自らにそう言い聞かせた、という意味ではないかと思う。

六波羅蜜寺 夕景



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村


 


[2017/04/17 11:32] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑱ 「空也が十一面観音を刻んだ」ということの意味 

土蜘蛛の謎⑰ 空也搭はなぜ首桶の形をしているのか? より続きます~

①菅原道真は十一面観音の生まれ変わり

かつて北野天満宮の神宮寺だった東向観音寺の門前に「天満宮御本地仏 十一面観世音菩薩」と記された石碑が建てられている。

東向観音寺

天満宮とは北野天満宮の御祭神の菅原道真のことである。

御本地仏とは本地垂迹説に基づく言葉である。
本地垂迹説とは日本古来の神々は仏教の神々(みほとけ)が仮に衆上を救うためにこの世に現れたものであるとする考え方のことで、神仏習合のベースとなった。
日本古来の神々のもともとの正体である仏教の神々のことを本地仏、仏教の神々が仮に衆上を救うためにこの世に現れた日本古来の神々のことを化身とか権現などという。

つまり「天満宮御本地仏 十一面観世音菩薩」とは、「天満宮=菅原道真の正体である十一面観音をお祀りしています。」というような意味である。
「菅原道真は十一面観音の生まれ変わりである」と信仰されていたと言ってもいいだろう。

②菅原道真が自ら十一面観音を刻んだ

東向観音寺ではご本尊の十一面観音は菅原道真が自ら刻んだものだと伝えている。

菅原道真は藤原時平の讒言によって大宰府に流罪となり、数年後に失意のうちに亡くなった。
その後、都では疫病が流行り、天変地異が相次ぐなどし、それらは道真の怨霊の仕業であると当時の人々は考えた。
そして祟り神(怨霊)は神として祀り上げると守護神に転じると考えられていた。
怨霊・菅原道真は守護神に転じさせるために北野天満宮などの神社の御祭神として祀られたわけである。

大阪天満宮 人形 
大阪天満宮に展示されている菅原道真の人形

③成仏してください

今でも人が亡くなると「成仏してください」と言うが、なぜ死んだ人に対して「成仏してください」と言うのだろうか。
それは「この世に未練を残して人々に祟ったりすることなく、悟りを開いて恨みをすて、人々にご利益を与える存在であるみほとけになってください」という意味で「成仏してください」というのではないだろうか。

すると、「菅原道真が自ら十一面観音を刻んだ」というのは言葉通りの意味ではなくて「菅原道真が成仏した(悟りを開いて恨みを捨て、人々にご利益を与える十一面観音になった)」という意味なのではないかと思えてくる。
もちろん、それはそうあってほしいという人々の願望であり、道真が本当に成仏したという意味ではない。

④空也は成仏して十一面観音になった?

六波羅蜜寺の秘仏となっている十一面観音は空也が自ら刻んだものだと伝わっている。

六波羅蜜寺 

東向観音寺と同様に考えれば、「空也が自ら十一面観音を刻んだ」ということは、「空也は成仏して十一面観音になった」という意味なのではないだろうか。

951年、京の町に疫病が流行った際、空也は自ら十一面観音を刻んで市中を引き回し、病人にはお茶を飲ませたという。

六波羅蜜寺 皇服茶

六波羅蜜寺 皇服茶 現在でも六波羅蜜寺では正月の三が日、参拝者に皇服茶を授与している。

この951年の疫病の流行は空也の怨霊の仕業であると考えられたのではないか。
そして怨霊であった空也は成仏して十一面観音になったということを、「空也が自ら十一面観音を刻んだ」と言っているのではないか。
また空也が病人にお茶を飲ませたということは、お茶の薬効が、成仏して十一面観音になった空也のご利益であると考えられたということではないか。

もちろん、空也とは土蜘蛛の謎⑯ 東国に飛び立った将門の髑髏 と 東国へ旅立った空也土蜘蛛の謎⑰ 空也搭はなぜ首桶の形をしているのか? で述べたように平の将門を聖人化した架空の人物のことである。


このように考えると、六波羅蜜寺の十一面観音と空也堂の空也像はどちらも空也が刻んだと伝わっているが、同じ人物の作品だとは思えないほど作風がちがっている理由がわかる。

そして六波羅蜜寺の十一面観音と空也堂の空也像を刻んだ仏師は別人なので作風が違っていて当然である。
そしてどちらの像を刻んだ仏師も空也ではない。
なぜならば「空也が自ら仏像を刻んだ」とは「空也が成仏した」という意味だと考えられるからである。

六波羅蜜寺 萬燈会


東向観音寺・・・京都市上京区今小路通御前通西入上る観音寺門前町 863


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村




[2017/04/15 11:11] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑰ 空也搭はなぜ首桶の形をしているのか? 


①将門の怨霊鎮魂に情熱をそそいだ空也

940年、平将門は東国で反乱をおこし、朝廷が派遣した平貞盛・藤原秀郷らの軍と戦って戦死した。
将門の首は京に持ち帰られて鴨川のほとりで晒された。
その首が飛び上がって鴨川を越え膏薬図子に落ち、近隣住民に祟ったたという伝説がある。
空也は将門の供養のため念仏道場をつくり毎日念仏をあげたところ、ようやく将門の首は祟らなくなったという。

神田明神

膏薬図子 神田神宮(京に持ち帰られた平将門の首が晒された場所に立つ)

なぜかあまり語られることがないが、空也は平将門の怨霊鎮魂に情熱を注いだ人物だったのである。

②六波羅蜜寺は平将門を慰霊する寺?

951年、京に疫病が流行し、鴨川は死体で溢れかえるような惨状になった。
そこで空也は十一面観音を刻んで市中をひきまわし、病人にはお茶を飲ませた。
これが六波羅蜜寺の創建とされている。

六波羅蜜寺 皇服茶

六波羅蜜寺 皇服茶 現在でも六波羅蜜寺では正月の三が日、参拝者に皇服茶を授与している。

六波羅蜜寺は鴨川のほとりにあって将門の首が晒された場所から近い。
私は951年の疫病の流行は将門の怨霊の仕業だと考えられたのだと思う。

六波羅蜜寺 夕景


六波羅蜜寺の近所には祇園の町があるが、祇園では1年中「笑門」の札をつけた注連縄を飾る習慣がある。

注連縄
祇園の注連縄
祇園には八坂神社があるが、八坂神社では7月の祇園祭の際に『蘇民将来子孫也』と記したお札を授与している。
この『蘇民将来子孫家門』を略すと『将門』となり、逆賊とされる平将門に通じるので、『笑門』になったとする説がある。

八坂神社 節分祭

八坂神社 節分祭

祇園は平将門の首が晒された場所に近く、人々は平将門の怨霊をおそれていたことだろう。
そのため陰である『将門』を語呂合わせで陽の『笑門』とかえ、注連縄に記して飾っているのではないかと私は考えた。

そして六波羅蜜寺は空也がたてた膏薬図子の念仏道場と同じく、平将門を慰霊するための寺なのではないかと私は思う。

梅原猛さんは聖徳太子は怨霊であると説かれた。
そして法隆寺夢殿の聖徳太子等身大の像と伝わる救世観音は聖徳太子の怨霊封じ込めの像ではないかとされた。

これと同様、空也が刻んだ六波羅蜜寺の十一面観音は平将門の怨霊封じ込めの像ではないかと思う。

いや、六波羅蜜寺の十一面観音は平将門の怨霊(陰)を陽に転じた像だといった方がいいだだろうか。
陰陽道では人々に禍をなす祟り神は神として祀り上げれば守護神に転じると考えられていた。
さらに明治までの日本では神仏は習合して信仰されていた。
仏教のみほとけとは陰である神(六波羅蜜寺のケースでは平将門)が陽(六波羅蜜寺のケースでは十一面観音)に転じたものではないかと思うのだ。

③空也は将門の首を聖人化したものだった?

平定盛という猟師が鹿を殺したことを悔い、空也を開祖として空也堂を創建したという。
空也堂には「平貞盛焼き捨ての兜」なるものがあり、平定盛とは平貞盛のことだと考えられる。

空也堂 平貞盛 焼捨の兜

平貞盛とは藤原秀郷と共に朝廷に命じられて将門討伐に向かった人物である。
すると平定盛(平貞盛)が殺した鹿とは平将門の比喩だと考えられる。
空也堂もまた平将門鎮魂の寺であり、空也堂のご本尊は平将門という怨霊(陰)を陽に転じたみほとけなのだろうと考えていた。

ところが予想に反して空也堂のご本尊は空也が自ら刻んだという空也像だった。

そして空也忌は11月13日とされているが、この日は空也の命日ではなく、空也が東国へ旅立った日だという。
鴨川のほとりで晒されていた将門の首は飛び上がって故郷の東国へ飛び立ったという。
空也とは平将門の首を聖人化した架空の人物ではないのか?

空也堂 歓喜踊躍念仏

空也堂 空也歓喜踊躍念仏

④空也塔は首桶?

東大路通から清水寺へ向かって清水坂を歩いていくと、途中に西光寺という寺がある。
清水坂には多くの観光客が行き来しているが、誰も西光寺には気を向けず門前を通り過ぎていく。
境内に入っても参拝者の姿はなく、ひっそりとしている。

誰も訪れないこの寺を私が訪ねたのは、ここに空也塔なるものがあると聞いたからだった。

西光寺の西500mほどの所には空也を開基とする六波羅蜜寺がある。
六波羅蜜寺は創建当初は西光寺と称したそうである。

西光寺と称する寺は多数あるが、空也塔があるということは六波羅蜜寺と関係の深い寺なのだろうが、詳しいことは調べてみたがよくわからなかった。

かつての六波羅蜜寺は広大な寺域を持っていたということなので、同じ寺であったのが後に西光寺と六波羅蜜寺にわかれたのかもしれない。

空也塔は燈籠の火袋のような形をしていた。

西光寺 空也塔 
空也搭

そういえば、東向観音寺にある土蜘蛛の塚は燈籠の火袋だった。

東向観音寺 土蜘蛛の塚
東向き観音寺 土蜘蛛の塚

土蜘蛛草紙には「空飛ぶ髑髏のあとをつけていったところ土蜘蛛の塚があった」とあり、空飛ぶ髑髏と土蜘蛛は関係が深い。
土蜘蛛とは記紀や風土記に登場するまつろわぬ民のことである。

昆虫の体は頭部・胸部・腹部の3つに分かれているが、蜘蛛は頭胸部と腹部のふたつの部分からなり、昆虫とは別の動物とされている。

蜘蛛の体 

昔の人は蜘蛛を頭部のない昆虫だと考えたのだと思う。
そして土蜘蛛とは謀反の罪により頭部を斬られた人物の怨霊のことではないだろうか。

東向観音寺の土蜘蛛の塚が燈籠の火袋なら、やはり燈籠の火袋のように見える西光寺の空也塔もまた土蜘蛛の塚なのではないだろうか。

空也塔の傘の部分は蓮の葉を模したデザインとなっている。

蓮阿弥陀仏。
それは時宗の僧・他阿真教が1307年に平将門に送った法名である。

将門の首塚 
将門の首塚(東京都) 「平将門 蓮阿弥陀佛」と記されている。


いや・・・空也塔は灯篭の火袋よりも、もっと別のものに似ている。
空也塔は首桶に似ている!

http://gensun.org/?img=23%2Epro%2Etok2%2Ecom%2F%7Efreehand2%2Frekishi%2Fimg2%2Fkubioke%2D01%2Ejpg

↑ 上記の写真は阿弖流為の首桶と説明されている。
円筒形の周囲に四本の柱をたてたデザインは空也搭とそっくりである。

なぜこの首桶のように見えるものが空也塔とされているのか。
やはりそれは空也とは将門の首を聖人化した架空の人物だからではないのか。
西光寺・・・京都市東山区清水4丁目

まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村

[2017/04/11 14:18] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑯ 東国に飛び立った将門のドクロ と 東国へ旅立った空也 


土蜘蛛の謎⑮ 空也はなぜ南無阿弥陀仏と唱えながら十一面観音を彫ったのか? より続きます~



空也堂 空也踊躍念2

空也堂 空也歓喜踊躍念仏


①空也が愛した鹿

空也堂の創建説話として次のような物語が伝えられている。

空也は毎夜鹿の鳴き声を聴くのを楽しみにしていたが、ある夜からばったりと鹿の声がきこえなくなった。
鹿は平定盛という猟師に殺されたのだった。
空也に諌められた定盛は殺生を悔い、空也の弟子となって空也堂を創建し、空也を空也堂の開基とした。
空也の没後、定盛は空也堂二世となった。

大仏殿 鹿

東大寺 鹿

②トガノの鹿

この創建説話は以前の記事・土蜘蛛の謎⑤ 蜘蛛の巣に住む観音
でご紹介した「トガノの鹿」の物語にそっくりである。

仁徳天皇が皇后と涼をとっているとトガノの方から鹿の鳴き声が聞こえてきた。
天皇はその鹿の鳴き声をしみじみと聞いていたが、あるとき急に鳴き声がしなくなった。
翌日、佐伯部が天皇に鹿を献上したが、その鹿は天皇が夜な夜な鳴き声を聴くのを楽しみにしていた鹿だった。
気分を悪くした天皇は佐伯部を安芸の渟田に左遷した。

雄鹿が雌鹿に全身に霜が降る夢を見た、と言った。
雌鹿は夢占いをして、
『それはあなたが殺されることを意味しています。霜が降っていると思ったのは、あなたが殺されて塩が降られているのです。』
と答えた。
翌朝、雄鹿は雌鹿の占どおり、猟師に殺された。


空也堂の創建説話はこのトガノの鹿の物語をベースに創作されたものだろう。

③空也が愛していた鹿とは平将門だった?

かつて謀反の罪で殺された人には塩をふることがあり、この物語に登場する鹿とは謀反人の比喩だとする説がある。

そして空也と同時代、平定盛と一字違いの平貞盛という武将がいたが、空也堂には平貞盛焼き捨ての兜なるものが展示されていた。
ということは、平定盛と平貞盛は同一人物なのだろう。

空也堂 平貞盛 焼捨の兜
空也堂 平貞盛 焼捨の兜

平貞盛は藤原秀郷とともに平将門の乱平定のため東国へ向かっている。
将門はこの戦いの中で流れ矢にあたって死亡した。

空也は平将門を慰霊するために念仏道場を建てるなど、将門を慰霊することに情熱を注いだ人物だった。
空也堂の創建説話に登場する殺された鹿とは平将門のことだと考えられる。

④空也忌は空也が東国へ旅立った日

空也堂 歓喜踊躍念仏

空也堂 空也歓喜踊躍念仏

本来、空也忌は旧暦11月13日である。
空也堂では11月の第2日曜日に空也忌を行っている。
おそらく、ご住職の仕事の都合などがあって日曜日に空也忌を行っているのだろう。

といっても空也の命日が11月13日なのではない。
空也の命日は旧暦972年10月20日である。
旧暦11月13日に空也は東国へ旅立ち、この日を開山忌とするようにと遺言したのだという。

また、本当にこの日に空也が東国に旅立ったのかどうか疑わしい。
13日は虚空蔵菩薩の縁日である。
この虚空蔵菩薩の縁日を空也出立の日とした可能性が大である。

⑤空也忌

空也は誰でも「南無阿弥陀仏」と唱えさえすれば極楽浄土へ行けるととき、踊りながら南無阿弥陀仏と唱える踊り念仏を始めた。
これにちなみ、空也忌では空也歓喜踊躍(くうやかんぎゆやく)念仏が行われた。
また空也は京都の夏の風物詩・六斎念仏の祖ともされており、千本六斎会による六斎念仏の奉納もあった。

空也堂 千本六斎 六斎念仏2

空也堂 六斎念仏

空也堂 千本六斎 六斎念仏

空也堂 六斎念仏

六斎念仏はひたすら念仏を唱え続ける念仏系と獅子・土蜘蛛などの演目を行う芸能系の二系統がある。
六斎を行うためには許可を得る必要があり、念仏系は干菜寺、芸能系はここ空也堂より許可を得ていた。

そののち、大福茶の授与があった。
空也が創建したと伝わる六波羅蜜寺では正月に皇服茶といって梅干しと結び昆布を入れたお茶を授与している。
951年、京の町に疫病が流行りった際、空也はに自ら十一面観音を刻み、念仏を唱えながら車に乗せてひきまわし、病人には皇服茶を飲ませたという。
大福茶も皇服茶もお「おうぷくちゃ」と読み関係の深いものだと思われる。
ただし、大福茶は抹茶で梅干しや結び昆布は入っていない。
小さな茶椀でひとりひとりに授与される大福茶のほかに、直径30cmはありそうな大きな茶椀にお茶が点てられ、集まった人々が回し飲みしていた。

⑥空也像

全ての行事が終わり帰りかけたところ、お寺の方が「御焼香、まだの方はどうぞ」と勧めてくださったので、厨子の前に進み出て焼香をした。
そして手を合わせながら厨子の中を見ると、厨子の中には口から6体のみほとけがほとばしりでる僧の像が安置されていた。

空也上人!!

作風は全く異なるが、六波羅蜜寺で見た空也像とスタイルが同じである。

File:Kuya Portrait.JPG

六波羅蜜寺 空也像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ae/Kuya_Portrait.JPG よりお借りしました。
作者 ASUKAEN [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

口からほとばしりでる6体のみほとけは「南無阿弥陀仏」の六文字を表すと言われる。

空也忌なのだから、空也を拝んでお焼香をするのは当たり前のことである。
しかし、空也堂は空也が愛していた鹿(平将門)を殺したことを悔いた平貞森が建てた寺だといわれているので
私は空也堂は平将門を鎮魂するための寺であり、厨子の中には十一面観音、阿弥陀仏などが平将門の怨霊封じ込めの像として安置されているものとばかり思っていたのだ。

⑦空也とは平将門の首なのか?

神田明神

膏薬図子 神田神宮(京に持ち帰られた平将門の首が晒された場所に立つ)

六波羅蜜寺の十一面観音は951年に疫病が流行った際に空也が刻んだものと伝わっている。
その11年前の940年、平将門は平貞盛らに討ちとられ、その首は鴨川で晒された。
六波羅蜜寺は平将門の首が晒された場所から近く、951年の疫病流行時、鴨川は死体であふれかえったという。
951年の参事は平将門の怨霊の仕業であると考えられたのではないか。
そこで空也は将門の怨霊を封じ込めた十一面観音を刻んだのではないかと私は考えた。

六波羅蜜寺 追儺式3

六波羅蜜寺 追儺式に登場した土蜘蛛


そして空也堂は平貞盛が鹿=将門の殺生を悔いて創建したものだという。
ということは空也堂のご本尊も平貞盛の霊を封じ込めた仏像だと考えられる。

空也像が平将門の霊を封じ込めた仏像だというのか?

のちに調べたところ、この空也像は空也が自ら刻んだものと伝わっていることがわかった。
しかしこれは事実とは思えない。
六波羅蜜寺にも空也が刻んだと伝わる秘仏の十一面観音がある。
本で写真を見たことがあるが、空也堂の空也像とは全く作風が違うのだ。

空也は東国へ旅立つ際に、この日を開山忌にせよと遺言したという。
そして平将門の首は鴨川のほとりで晒されたのち、故郷の東国へ向かって飛び去ったという伝説があり
東京都千代田区には将門の首塚がある。

将門の首塚

将門の首塚

もしかして空也とは将門の首のことなのか?

また空也忌は13日だが、④で述べたように、この日は虚空蔵菩薩の縁日である。
虚空蔵菩薩は金星を神格化したみほとけである。
記紀神話では金星の神は天津甕星、別名をカカセオといい、天照大神の芦原中国平定に最後まで抵抗した荒々しい神とされている。
平将門はこの天津甕星にイメージがぴったりである。
空也が将門の首のことだとすると、なぜ空也忌が虚空蔵菩薩の縁日に行われているのかがわかる。
将門は虚空蔵菩薩のイメージに重ねられたのか?

空也堂・・・京都市中京区蛸薬師通油小路西入る亀屋町
(普段は拝観できないと思います。)


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村



[2017/03/31 10:47] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑮ 空也はなぜ南無阿弥陀仏と唱えながら十一面観音を彫ったのか? 

 
土蜘蛛の謎⑭ 六波羅蜜寺に現れた土蜘蛛  よりつづきます~

染殿院 

①染殿地蔵

四条通寺町東入ル御旅宮本町に甘栗和菓子老舗・林万昌堂四条本店がある。
その店の奥にあるガラス戸を開けて一歩踏みこめば染殿院の境内である。
小さなお堂の傍らには「安産御腹帯 授與」と記されている。

染殿院のご本尊は2m余りの木彫裸形地蔵菩薩で、55代文徳天皇の皇后・藤原明子(染殿皇后)がこの地蔵菩尊に祈願して惟仁親王(のちの清和天皇)を授かったという伝説があり、「染殿地蔵尊」と呼ばれている。

藤原明子が地蔵菩薩に祈願して清和天皇を授かったという伝説は、染殿院のほか清和院・十輪寺、奈良の帯解寺にも伝わっている。

清和院 

清和院

十輪寺 しだれ桜

十輪寺

②染殿地蔵に惟喬親王のイメージ


文徳天皇には惟仁親王のほか、紀静子との間に惟喬親王という皇子があった。
文徳天皇は惟喬親王を皇太子につけたいと考えて源信に相談したが、源信は藤原明子の父・藤原良房に憚って文徳天皇を諌めたという。
立太子争いに敗れた惟喬親王は御霊として惟喬神社や玄武神社・大皇器地祖神社などに祀られている。

玄武神社 やすらい祭2

御霊とは怨霊が祟らないように慰霊されたもののことをいう。
怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた者のことで、疫病や天災は怨霊の仕業でひきおこされると考えられていた。
惟喬親王が御霊として祀られていることは、惟喬親王が怨霊として恐れられていたとことを示していると思う。

「末代までも祟ってやる」などと言うが、怨霊は自らを陥れた人物だけでなく、その子孫にも祟ると考えられた。
藤原良房や藤原明子の子孫は惟喬親王の怨霊の祟りを怖れたことだろう。

陰陽道では怨霊は祀り上げることで人々にご利益を与えて下さる守護神に転じると考えた。
藤原良房や藤原明子の子孫は地蔵菩薩に惟喬親王のイメージを重ね、自分たちの守護神に転じさせようと考えたのではないかと思う。
清和院の地蔵菩薩には、惟喬親王のイメージが重ねられているのではないだろうか。

「地蔵菩薩が清和天皇を授けて下さった」というのは正しくは「地蔵菩薩=惟喬親王が身を引いてくださったおかげで惟仁親王が即位して清和天皇となった」という意味ではないかと思ったりする。

③法然より200年も早く浄土教の教えを説いた空也

本堂の向かって右手はビルとビルに挟まれた参道となっており、歩いていくと新京極通商店街に出る。
ふりかえってみると、ビルに挟まれた狭い空間に染殿院の出入り口が設けられており、「時宗開祖 一遍上人 念仏賦算遺跡」と記された石碑が立てられている。

染殿院

染殿院は鎌倉時代には四条京極の釈迦堂と呼ばれ、時宗の開祖・一遍上人がここで念仏賦算、念仏踊りをしている。

一遍は各地を遊行して六字名号(南無阿弥陀仏)を記した念仏札を配り、弟子らを引き連れて各地で踊念仏を行った。

平安時代の僧・空也が「誰でも南無阿弥陀仏と唱えさえすれば極楽浄土へ行くことができる」と説き、踊りながら南無阿弥陀仏と唱える踊念仏を始めた。
一遍は尊敬する空也にならって踊り念仏を始めたのだという。

一遍聖絵を見ると、京都にやってきた一遍と弟子たちは四条釈迦堂・六波羅蜜寺・平安京の東市(現在の西本願寺付近)を訪れている。

六波羅蜜寺は空也を開基とする寺、東市は空也が市屋(いちや)道場を開いた場所であった。
一遍はその空也ゆかりの地で踊念仏を行ったのだ。

File:Ippen Biography 3.jpg

一遍聖絵 四条釈迦堂
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7e/Ippen_Biography_3.jpg よりお借りしました。
作者 En'i (円伊) (Tokyo National Museum) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


また一遍聖絵を見ると四条釈迦堂は鴨川のほとりに建てられている。
現在の四条釈迦堂跡、染殿院は鴨川から少し離れたところにあるが、川の流れが変わったのだという。

File:Ippen Biography 4.jpg

一遍聖絵 四条釈迦堂
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Ippen_Biography_4.jpg よりお借りしました。
作者 En'i (円伊) (Tokyo National Museum) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由


平安時代、平将門の首は鴨川のほとりに晒されたというが、四条釈迦堂があったのはちょうど将門の首が晒されたあたりである。
一遍が四条釈迦堂で念仏札を配ったのは、そこが将門の首が晒された場所であったからではないだろうか。

神田明神

膏薬図子 神田神宮

なぜかあまり語られることがないが、空也は膏薬図子に平将門を慰霊するための念仏道場を設けるなど、地元住民に祟りつづける平将門の霊を熱心に慰霊した人物だったとされる。
一遍は平将門の霊を慰霊せねばならないと強い使命感を感じており、そのため将門を慰霊した空也を尊敬していたのかもしれない。

将門の首塚

将門の首塚

 そして東京の将門の首塚は時宗の進教上人によって慰霊されている。
時宗は平将門の慰霊に熱心な宗教だったようである。

●空也はなぜ南無阿弥陀仏と唱えながら十一面観音を刻んだのか。

しかし、疑問がある。

一遍は法然の孫弟子・聖達を師として浄土宗を学んでいる。
法然は「南無阿弥陀仏と唱えさえすれば誰でも極楽浄土へ行くことができる」と説いて1175年に浄土宗を開いた。
浄土宗の本尊はもちろん阿弥陀仏である。

951年、京の町に疫病が流行り鴨川は死体であふれかえるほどの惨状となった。
このとき空也はに自ら十一面観音を刻み、念仏を唱えながら車に乗せてひきまわしたという。
念仏とは南無阿弥陀仏と唱えることである。
そして空也は「南無阿弥陀仏と唱えさえすれば誰でも極楽浄土へ行ける」と説いて踊りながら念仏を唱える踊念仏を始めたという。
すると法然は空也の影響を受けたのかとも思われるが、法然が空也の影響を受けたという話は聞かない。
法然の孫弟子・聖達に浄土宗を学んで時宗を開いた一遍上人は空也を尊敬していたといわれているが。

File:Kuya Portrait.JPG

六波羅蜜寺 空也像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ae/Kuya_Portrait.JPG よりお借りしました。
作者 ASUKAEN [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


平安時代には阿弥陀仏信仰(浄土信仰)が流行ったが、それは一部の貴族のものであったとされる。
阿弥陀仏信仰が一般庶民のものとなったのは、一般に鎌倉時代の法然以降のこととされる。

空也が法然が浄土宗を開くより200年以上も前に、一般民衆に阿弥陀信仰を説いたとする無理があるのではないだろうか。

もちろん、空也は一般民衆に阿弥陀仏信仰を説いたが、時期尚早であった、と考えられなくもない。

しかし、それではなぜ空也は「南無阿弥陀仏と唱えさえすれば誰でも極楽浄土へ行ける」と説きながら、阿弥陀仏を刻まずに十一面観音を刻んだのだろうか。

六波羅蜜寺 

六波羅蜜寺 秘仏の十一面観音に似せたみほとけが堂前に置かれている。

南無阿弥陀仏とは阿弥陀仏に帰依します、という意味だ。
南無阿弥陀仏と唱えるのならば、阿弥陀仏を刻むべきではないだろうか。

私は空也が南無阿弥陀仏と唱えさえすれば誰でも極楽浄土へ行けると説いたというのは、史実ではないと思う。
もしも空也が本当にそう唱えたのであれば、十一面観音ではなく阿弥陀仏を刻んだはずだからである。
空也が南無阿弥陀仏と唱えさえすれば誰でも極楽浄土へ行けると説いたというのは、のちの時代に創作された物語なのではないだろうか。
そうであるとすれば、なぜそのような物語が創作されたのだろうか。
染殿院・・・ 京都市中京区新京極通四条上ル中之町562


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村


[2017/03/27 13:46] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑭ 六波羅蜜寺に現れた土蜘蛛  

土蜘蛛の謎⑬ 六波羅蜜寺にもあった土蜘蛛の塚 より続きます~

①六波羅蜜寺に現れた土蜘蛛

節分の日、私は追儺式を見るために六波羅蜜寺に出かけた。

六波羅蜜寺 節分 中堂寺六斎会の皆さん 
中堂寺六斎会の方々が登場し、太鼓や鉦を打ち鳴らす。
六斎念仏とは念仏を唱えつつ太鼓や鉦を打ち鳴らすというもので、六斎念仏の祖は六波羅蜜寺の開基でもある空也とされる。
六斎念仏は念仏系の干菜寺系と芸能系の空也寺系の二派がある。
中堂寺六斎会は空也寺系で、お盆には壬生寺などで四ツ太鼓・土蜘蛛などの演目を行っている。

豆をぶつけて鬼を祓うというのが一般的な追儺式だが、六波羅蜜寺の本堂に現れたのは鬼ではなく土蜘蛛だった。

六波羅蜜寺 節分 土蜘蛛 
中堂寺六斎会の人々が鉦や太鼓を打ち鳴らし、僧侶が豆(?)を投げると、土蜘蛛は逃げていった。

  六波羅蜜寺 追儺式2

江戸時代、六波羅蜜寺の住職が本堂と仏像の修理を行ったが、大変出来栄えが悪かった。
また土蜘蛛の精がたびたび現れて住職を悩ませていた。
そこで中堂寺六斎会の人々が鉦・太鼓を打ち鳴らして土蜘蛛を退散させた。


という。
六波羅蜜寺の追儺式はこの故事にちなむものである。

六波羅蜜寺 追儺式3

②平将門の鎮魂に情熱を注いだ空也

六波羅蜜寺は951年に空也上人が開いた寺である。
この年、平安京では疫病が流行り鴨川は死体で溢れかえるほどの惨状となった。
そこで空也上人が自ら十一面観音を刻んで車にのせて市中を引き回し、また病人には仏前に献じたお茶を飲ませたという。

六波羅蜜寺 皇服茶

六波羅蜜寺 皇服茶 現在でも六波羅蜜寺では正月の三が日、参拝者に皇服茶を授与している。

なぜかあまり語られることがないが、空也は平将門の鎮魂に情熱を注いだ人だった。

940年、平将門は東国で反乱をおこし、朝廷が派遣した平貞盛・藤原秀郷らの軍と戦って戦死した。
将門の首は京に持ち帰られて鴨川のほとりで晒された。
その首が飛び上がって鴨川を越え膏薬図子に落ち、近隣住民に祟ったたという伝説がある。
空也は将門の供養のため念仏道場をつくり毎日念仏をあげたところ、ようやく将門の首は祟らなくなったという。

神田明神

膏薬図子の神田神宮 (京都)

③六波羅蜜寺に表れた土蜘蛛の正体とは

土蜘蛛とは記紀や風土記に登場するまつろわぬ民のことだが、土蜘蛛草紙には「源頼光らが空飛ぶ髑髏をつけていったところ土蜘蛛の巣があった」と記されており、土蜘蛛と髑髏は関係が深い。

昆虫は頭部・胸部・腹部の3つの部位からなるが、蜘蛛は頭部と胸部の境がはっきりせず、頭胸部と腹部の2つの部位からなる。
昔の人は、蜘蛛とは頭部のない昆虫であると考えたのではないか。

蜘蛛の体 

また土蜘蛛とは謀反の罪によって斬首された人のことではないか。
私はこのように考えた。

すると首が飛んだという伝説が残る平将門は土蜘蛛だと考えられる。
江戸時代、六波羅蜜寺に現れた土蜘蛛の精とは平将門の霊ではないだろうか。

②空也堂系六斎が芸能系六斎として発展した理由

かつて六斎念仏を行うためには干菜寺または空也堂で許可を得る必要があった。
空也が六斎念仏の祖とされているということは、①ですでに述べた。

干菜寺系六斎は念仏のみを行う念仏六斎、空也堂系は土蜘蛛や獅子などの芸能も行う芸能六斎である。
現在では芸能とは娯楽であるが、かつて芸能とは神事であった。
そう考えるとなぜ空也堂系が芸能六斎として発展したのかがわかる。

空也堂 千本六斎 六斎念仏

空也堂 千本六斎

平貞盛が鹿を殺したが、それは空也が愛していた鹿だった。
平貞盛は鹿を殺したことを悔やみ、空也を開基として開いたのが空也堂だとされる。

平貞盛とは朝廷に命じられて平将門討伐を行った人物である。
すると空也が愛し、平貞盛が殺した鹿とは平将門の比喩であると考えられる。
空也堂も六波羅蜜寺と同じく平将門を鎮魂するための寺なのだろう。

そして先ほども述べたように、鴨川のほとりで首が晒され、その首が飛んだという伝説が残る平将門は土蜘蛛であったといえる。
空也堂系六斎が土蜘蛛などを演じる芸能六斎として発展したのは、土蜘蛛という演目には平将門を鎮魂するという目的があったためではないだろうか。

六波羅蜜寺 節分 豆まき2 

六波羅蜜寺 節分 豆まき3 

六波羅蜜寺 節分 豆まき 

六波羅蜜寺 節分豆まき

六波羅蜜寺・・・京都市東山区松原通大和大路東入ル2丁目轆轤町

土蜘蛛の謎⑮ 空也はなぜ南無阿弥陀仏と唱えながら十一面観音を彫ったのか? へつづく~
トップページはこちら→土蜘蛛の謎① 亀石伝説(追記あり)

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村

[2017/03/25 12:12] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑬ 六波羅蜜寺にもあった土蜘蛛の塚 


土蜘蛛の謎⑫ 蛙は髑髏をあらわしている?
 より続きます~

①六波羅蜜寺型燈籠

図書館で 六波羅蜜寺に関する古い本を借りた。
その本の中に六波羅蜜寺型燈籠の写真があった。

私は実際にその六波羅蜜寺型燈籠を見てみたいと思い、六波羅蜜寺を訪ねた。

六波羅蜜寺 夕景

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺は951年に空也上人が開いたとされる寺で、かつて鳥辺野の風葬地だった場所にある。
このとき、京都は疫病が大流行し、鴨川は死体で溢れ返るほどの惨状であったという。
そこで空也上人は自ら十一面観音を刻み、念仏を唱えながら車に乗せてひきまわし、病人には梅干しと結び昆布の入ったお茶を飲ませて人々を救済したと伝わっている。

六波羅蜜寺 皇服茶

六波羅蜜寺 皇服茶 現在でも六波羅蜜寺では正月の三が日、参拝者に皇服茶を授与している。

その後、この六波羅蜜寺付近には平家一門が棲みつき、平家の邸宅が立ち並ぶようになった。
しかし平家滅亡のとき、平家自らが放った火によって焼野原となり、六波羅蜜寺の本堂のみが焼け残ったという。

本堂にあがると厨子があり、その手前に金色に輝く御前立が置かれてあった。
この厨子の中に空也が刻んだとされる十一面観音が安置されているのだが、辰年のみ開帳される秘仏でそのお姿を拝むことはできなかった。

宝物館には素晴らしい仏像彫刻が多く安置されていた。
その中には空也上人像や僧形の平清盛像もあった。

File:Kuya Portrait.JPG

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ae/Kuya_Portrait.JPG よりお借りしました。
作者 ASUKAEN [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

空也の口からほとばしりでる六体の小さなみほとけは『南無阿弥陀仏』の六字を示しているそうである。

宝物館を拝観したのち、私はくまなく境内を探したが、六波羅蜜寺型燈籠は見つからなかった。
境内はそう広くはないので、見落としはないと思う。
図書館で借りた本には「江戸時代につくられたもので、価値のあるものではないと思われる」と書いてあった。
たいして重要なものではないということで、撤去されてしまったのかもしれない。

②東向観音寺の土蜘蛛の塚
東向観音寺 舞妓さん  

参道を多くの人が行きかっているが、ほとんどの人はそこに寺があることなど気にも留めずに通り過ぎていく。
東向観音寺の境内には舞妓さんがひとりいるだけでひっそりとしていた。
しかし、ここには有名な『土蜘蛛の塚』があり、オカルトファン必見の名所なのである。

本堂の向かって左の奥まったところに小さい祠が作られていて、中に燈籠の火袋が納められていた。
これが『土蜘蛛の塚』である。

東向観音寺 土蜘蛛の塚 
東向観音寺 土蜘蛛の塚

↑ 上の写真は東向観音寺にある『土蜘蛛の塚』である。
東向観音寺の『土蜘蛛の塚』は清和院前にあった蜘蛛塚が発掘調査した際に出土した燈籠の火袋である。



清和院  
清和院

③蜘蛛は頭部のない昆虫?

なぜ燈籠の火袋が『土蜘蛛の塚』とされたのだろうか。

昆虫は頭部・胸部・腹部の3つの部位から構成されている。
一方、蜘蛛は頭部と胸部の境がはっきりしておらず、頭胸部と腹部の2つの部位から構成されている。
古の人々は蜘蛛とは頭部のない昆虫だと考えていたのではないか。

蜘蛛の体 

④土蜘蛛は謀反の罪で斬首された人?


土蜘蛛草子には、「飛行する髑髏のあとをつけていったところ土蜘蛛の巣があった」と記されており、土蜘蛛と髑髏は関係が深そうに思われる。
まつろわぬ民・土蜘蛛とは謀反の罪で斬首された人のことではないか。

⑤鉢はドクロを表す?

蘇我入鹿・玄昉らの首が飛んだという伝説があるが、『鉢合わせ』『鉢巻き』などのように頭のこと鉢と表現することがある。
信貴山縁起絵巻には飛行する鉢の物語が記されているが、これは飛行する髑髏を比喩的に表現したものではないだろうか。

多武峰縁起絵巻 複製(談山神社) 
多武峰縁起絵巻 複製(談山神社)刀を持っているのが中大兄皇子、首を斬られているのが蘇我入鹿。


そして東向観音寺にある土蜘蛛の塚と呼ばれている燈籠の火袋は笠の部分が鉢に似ている。
この鉢に似た火袋の笠が、土蜘蛛の頭部を思わせるため、東向観音寺にある燈籠は『土蜘蛛の塚』と呼ばれているのではないだろうか。

本で見た六波羅蜜寺型燈籠は笠の部分がやはり鉢のように丸い形をしていた。
それで六波羅蜜寺型燈籠とは土蜘蛛の塚なのではないかと私は考えたのだ。

⑥六波羅蜜寺は平将門を供養する寺?

私が六波羅蜜寺型燈籠を『土蜘蛛の塚』だと考えたのは、燈籠の火袋の笠の部分が鉢のような形をしているというだけではない。

さきほど私は六波羅蜜寺は空也が開いた寺だと書いたが、空也は阪急烏丸駅近くにある膏薬図子に平将門を慰霊するための念仏道場をたてている。

神田明神

神田神宮 (京都)

なぜかあまり語られることがないが、空也は平将門の怨霊鎮魂に情熱を注いだ人だったのである。
951年、疫病が流行って鴨川は死体で溢れかえるような惨状になったというが、940年、平将門の首は鴨川のほとりの六波羅蜜寺からほどちかい場所で晒されている。

鴨川 川床

鴨川

人々は951年の疫病の流行を平将門の怨霊の仕業であると考えたのではないだろうか。
そして空也は膏薬図子に平将門を慰霊するための念仏道場を建てたのと同じく、平将門を慰霊するために六波羅蜜寺を創建したのではないかと思うのである。

⑦平清盛の先祖・平貞盛とトガノの鹿

その後、六波羅蜜寺周辺に平家の館が建ち並ぶようになった。
六波羅蜜寺は鳥辺野の風葬地にあって、邸宅を構えるのにいい立地であるとはいえない。
それなのに平家はなぜ六波羅蜜寺周辺に館を建てたのだろうか。

平清盛は伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男である。
伊勢平氏は平貞盛の四男・平維衡より始まるのだが、平貞盛は朝廷に命じられて平将門の乱を鎮圧した人物である。
空也堂に伝わる伝説によれば、平貞盛は空也が愛していた鹿を殺したことを悔い、空也の弟子となり、空也堂を創建したという。

空也堂 歓喜踊躍念仏 
空也堂 空也踊躍念仏

日本書紀にトガノの鹿という物語がある。

雄鹿が雌鹿に全身に霜が降る夢を見た、と言った。
雌鹿は夢占いをして、
『それはあなたが殺されることを意味しています。霜が降っていると思ったのは、あなたが殺されて塩が降られているのです。』
と答えた。
翌朝、雄鹿は雌鹿の占どおり、猟師に殺された。

大仏殿 鹿

東大寺 奈良の鹿

謀反の罪で殺された人は死体に塩が振られることがあり、雄鹿は謀反の罪で殺された人を比喩したものではないかとする説がある。

空也が愛していた鹿とは平将門のことで、平貞盛は将門を殺したことを悔いたということだろう。

六波羅蜜寺を創建したのは空也だが、平貞盛が資金援助などを行ったのではないだろうか。
そしてその後、平貞盛の子孫である伊勢平氏が六波羅蜜寺やその周辺の土地を相続したのではないかと思う。

⑧祇園には平将門に対する信仰があった?

六波羅蜜寺の近くに祇園と呼ばれる花町がある。
祇園の置屋さんやお茶屋さんでは『笑門』と記した札をつけた注連縄を1年中飾る習慣がある。
注連縄

祇園には八坂神社があるが、八坂神社では7月の祇園祭の際に『蘇民将来子孫也』と記したお札を授与している。
この『蘇民将来子孫家門』を略すと『将門』となり、逆賊とされる平将門に通じるので、『笑門』になったとする説がある。

八坂神社 節分祭

八坂神社 節分祭

祇園は平将門の首が晒された場所に近く、人々は平将門の怨霊をおそれていたことだろう。
そのため陰である『将門』を語呂合わせで陽である『笑門』とかえ、注連縄に記して飾っているのではないだろうか?

伊勢地方でも同様の注連縄を飾る習慣があるそうだが、それは伊勢が平貞盛の四男・平維衡より始まる伊勢平氏の土地であるためではないだろうか。

祇園には平将門に対する信仰があったと私は思う。
そしてその信仰の拠点はもちろん六波羅蜜寺である。

六波羅蜜寺・・・京都市東山区松原通大和大路東入ル2丁目轆轤町


土蜘蛛の謎⑭ 六波羅蜜寺に現れた土蜘蛛  へつづく~
トップページはこちら→土蜘蛛の謎① 亀石伝説(追記あり)


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村

[2017/03/24 00:00] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑫ 蛙は髑髏をあらわしている? 

土蜘蛛の謎⑪ なぜ将門の首塚には蝦蟇が供えられているのか。 より続きます~


蔵王堂 蛙飛行事

①蛙飛行事

7月7日、吉野の金峯山寺・蔵王堂で蓮華会が行われる。

吉野の町を「えーらいやっちゃ、えーらいやっちゃ」という掛け声とともに、太鼓台が練り歩く。
太鼓台には蛙の着ぐるみを着た人が乗っていた。

蔵王堂 蛙飛行事5 
その後、蔵王堂前に設置された通路の上を山伏さんたちや、蓮の花の入った桶を持つ人などが歩いていった。
この蓮は役行者が産湯をつかったと伝わる奥田の捨篠池で摘んだもので、金峯山寺の蔵王権現に供えられる。
そののち、蛙飛び行事が行われた。

蛙飛び行事は次のような伝説に基づくものである。

蔵王権現に暴言をはいた男を、大鷲がくわえて飛び立ち断崖絶壁の上に置き去りにした。
男は蔵王権現に暴言をはいたことを反省していたので、金峯山の高僧が法力で男を蛙に変えた。
蛙になった男は断崖絶壁から無事飛び降りることができ、蔵王権現の前で修法をして人間に戻された。



この伝説にちなみ、蛙の着ぐるみを着た人が四つん這いになってぴょんぴょんと跳ね、僧侶より法要を受けると着ぐるみの頭部をとって顔を出した。
これは男が蛙から人間に戻ったことを表しているのだろう。
 蔵王堂 蛙飛行事2

蔵王堂 蛙飛行事


②蛙飛行事と飛行するドクロ

私はこれを見て、蘇我入鹿・玄昉・平将門らの首(ドクロ)が飛んだという伝説を思い出した。

私は飛鳥の亀石は妖怪ぬらりひょんの頭部にそっくりだと思う。
亀石
 
 ぬらりひょん

上の写真は飛鳥の亀石と京都の大将軍商店街(妖怪ストリート)に置かれてあったぬらりひょんの人形だが、眉間に半月形の皺があるところまでそっくりである。

飛鳥の亀石は髑髏を表したものなのではないだろうか。

③平将門の飛んだ首伝説とガマの置物

飛んだ首(ドクロ)伝説でもっとも有名なのは、平将門だろう。
将門の首は京で晒されていたのだが、飛びあがり、故郷に戻って落ちたというのである。
将門の首が落ちたとされる場所は、将門の首塚がつくられており、ガマ(蛙)の置物が置かれている。

将門の首塚 
将門の首塚(東京都)

将門の首塚にはガマの置物を奉納する習慣があるという。
(私が参拝したときは管理者が設置したと思われるガマの置物があるのみだったが。おそらく奉納されたたくさんのガマの置物は撤去したのだろう。)

ガマが奉納されるのは将門の首が京から故郷へ戻ってきたという伝説にちなみ「無事帰る(蛙)」の語呂合わせからであると言われている。

しかし私はそうではなく、蛙とは髑髏を表しており、将門が髑髏の神であるところから蝦蟇の置物が奉納される習慣が生じたのではないかと思う。

飛鳥の亀石は亀ではなく蛙を象ったものではないかとも言われている。
私は飛鳥の亀石は髑髏を象ったものだと考えているが、蛙の手足をとるとドクロのようにも見える。

④蛙飛行事は飛行するドクロを表している?

蛙飛行事は飛行する髑髏を表したものなのではないだろうか。

将門の首は京から江戸まで飛行している。
それに対して蛙飛び行事ではぴょんぴょんと飛び跳ねているだけだ、といわれるかもしれない。

しかし、飛行する首には様々なバージョンがある。
玄昉の首は将門の首のように長距離を飛行しているが、蘇我入鹿の首は斉明天皇の御簾の前で斬られ、その後斉明天皇の御簾に食らいついたとされ、長距離を飛行していない。

多武峰縁起絵巻 複製(談山神社) 
多武峰縁起絵巻 複製(談山神社)刀を持っているのが中大兄皇子、首を斬られているのが蘇我入鹿。

⑤小野道風と蛙

小野道風にまつわる蛙の伝説がある。
蛙は柳に飛びつこうとして何度も失敗するが、偶然強い風が吹いて柳の枝が大きくしなり、ついに柳に飛びつくことができた。
これを見て道風はどんなことも努力すれば必ず叶うと悟ったといい、花札の絵柄にもなっている。

この蛙もまた髑髏を比喩したものであるのかもしれない。

File:Ono no Tofu, by Suzuki Harunobu, Edo period, 18th century - Tokyo National Museum - DSC06242.JPG

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Ono_no_Tofu%2C_by_Suzuki_Harunobu%2C_Edo_period%2C_18th_century_-_Tokyo_National_Museum_-_DSC06242.JPG よりお借りしました。

作者 Daderot (投稿者自身による作品) [Public domain または CC0], ウィキメディア・コモンズ経由で

⑥脳天大神と狛蛙

蛙飛び行事を見たのち、付近をうろついていると、「脳天大神→」と記された道標を見つけた。
「脳天大神」という名前に興味を持った私は、脳天大神を参拝しようと→が示す方向へ向かっていった。

脳天大神は龍王院という金峯山寺の塔頭で、蔵王堂より谷へ下った場所にあった。
そしてそこにはなんと狛犬ならぬ狛蛙が置かれていたのである。

龍王院 狛蛙  

脳天大神は金峯山寺の塔頭で、昭和26年に開かれた。
終戦後、澄大僧上が女人の行場として金龍王の滝を開いた際、頭を割られ、目が飛び出した大蛇が死んでいるのを見つけ、その大蛇を祀ったのだという。
大蛇は「脳天大神としてまつられたし、首から上のいかなる難病苦難も救うべし。」と告げたといい、「首から上の守り神」として信仰されている。

⑦蛇の神を祀っているのに、なぜ狛蛙が置かれているのか?

蛇の神を祀っているのに、なぜ狛蛙が置かれているだろうか?

喜光寺 宇賀神 

喜光寺 宇賀神

上の写真は喜光寺の宇賀神である。
私はこれを見て、「昔の人は、蛇とは胴体がなく頭に長い首がついた動物だと考えていたのではないか」と思った。

すると、蛙も蛇もドクロを表すものだと考えられる。

脳天大神が祀られるようになったのは、昭和26年と比較的新しいが、吉野山の蔵王堂では7月7日に伝統行事である蛙飛び行事を行っている。
このことは、吉野山において古くより蛙が神聖視されていたことを意味している。

そして脳天大神に祀られた大蛇は単なる動物霊ではなく、蔵王権現の化身であるとされる。
つまり蔵王権現とはドクロの神だったのである。

⑧浄蔵が水に落とした鉢

以前の記事 土蜘蛛の謎⑨ 清蔵、鉢を飛ばす において、私は京都の蔵王堂光福寺の創建説話をご紹介した。

浄蔵が吉野山大峰山での修行を終え帰る際に、蔵王権現が現れて「私を連れて帰ってほしい」とおっしゃった。
浄蔵が権現を背負うと権現は木像となった。
浄蔵は桂川の畔で持っていた鉢を水に落としてしまった。
その鉢は川を遡り、北に向い岸で止まった。
浄蔵が背負ってきた蔵王神像はこの地から動かなかった。
そこで浄蔵貴所はここに堂宇建て、霊像を安置し本尊とした。


蔵王堂光福寺という寺名は吉野の蔵王堂からとったものだと考えられる。
頭のことを鉢ということがあり、浄蔵が落とした鉢とは髑髏を比喩したものではないかと私は考えたのだが
首から上の守り神として信仰されている脳天大神が蔵王権現の化身であるということは、「鉢=頭を比喩したものである」という説を裏付けると思う。

金峯山寺蔵王堂・・・奈良県吉野郡吉野山
蓮華会・・・7月7日
脳天大神(龍王院)・・・奈良県吉野郡吉野町吉野山2498



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村


[2017/03/23 00:11] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)

土蜘蛛の謎⑪ なぜ将門の首塚には蝦蟇が供えられているのか。 

土蜘蛛の謎⑩ 蜂となって飛び去った執金剛神 よりつづきます~

①神田明神元社と神田神宮

神田明神

神田神宮 (京都)

2007年、私は京都烏丸駅近くにある膏薬図子と呼ばれる小路を訪れた。
車一台がようやく通れるくらいの小路の両側には町屋が並んでいる。
この町屋の中の一軒の民家の壁に塗り込められるように小さな祠があり、「史跡 神田神宮 天慶年間、平将門ノ首ヲ晒シタル所ナリ」と記された札がかけられていた。

祠の下には石があり、やはり壁に塗り込められていた。
『拾遺都名所図会~』には『空也上人は将門の亡霊をここに供養し、石を置いて目印にした』と記されている。
壁に塗りこめられた石は空也上人が置いたと伝わる石なのかもしれない。

神田明神 本殿

神田明神 (東京)

東京都千代田区外神田に平将門を御祭神とする神田明神がある。
膏薬図子の小さな祠は東京の神田明神の元社とされている。

この後、神田神宮は2010年に改修工事が行われた。
改修工事後は参拝していないのだが、祠は民家の中に移設され、壁に塗り込められていた石とともに祀られているそうである。
また祠の下には石でつくったガマの置物が置かれているとのことだ。

②飛行した平将門の髑髏

神田明神とは平将門のことである。

939年、平将門は乱をおこし(平将門の乱)を起こし、関東に独立国を作り『新皇』を名乗った。
翌940年、朝廷が派遣した平貞盛・藤原秀郷らが率いる軍と将門軍は争い、この戦いの中で平将門は流れ矢を受けて死亡した。

平将門の首は京に持ち帰られ、四条大橋の東(現在の南座の南あたり)にあった公孫樹の木に掛けて晒された。
ところが数日後、将門の首は鴨川を越えて西へと飛び、膏薬図子に落ちた。
将門の首はことあるごとに祟り、住民たちは将門の祟りに怯えていた。
そこで空也上人が将門の首が落ちた場所に念仏道場をたて、毎日念仏をあげた。
そうすることで、将門の祟りはやっとおさまった。
空也道場はのちに訛って膏薬道場と呼ばれるようになった。


膏薬図子という地名はここからくるとされる。

その後、将門の首は胴体を求めて膏薬図子からさらに東の空へ飛び去り、千代田区大手町あたりに落ちた。

現在その地には将門の首塚(将門塚)がある。

将門の首塚 
将門の首塚(東京都)

将門の首はここでも祟り、天変地異を引き起こすなどして人々を恐れさせた。
そこで時宗の遊行僧・進教上人が慰霊し、1309年に神田明神に奉祀したとされる。

将門の首塚には京都の神田神宮と同様、ガマの置物が置かれている。

平将門には滝夜叉姫という娘がいたという伝説もある。

滝夜叉姫は筑波のガマの毒気にあたり、追討された父・将門の仇を討つために、夜叉丸、蜘蛛丸らの妖怪を手下とし、朝廷に対して乱を起こしたが、多田満仲の家臣・大宅光圀(おおやみつくに)に退治された。

将門とガマは関係が深いようだ。

③「無事帰る=蛙」の語呂合わせ

②で私は「将門の首塚には京都の神田神宮と同様、ガマの置物が置かれている。」と書いたが、改装前の京都の神田神宮にはガマの置物は奉納されていなかった。

「東京の将門の首塚にガマの置物を奉納する習慣があったので、京都の神田神宮を改装した際、祠の下に石で作ったガマの置物を置いた。」というのが正しい。

東京の将門の首塚にガマの置物を奉納する習慣が生じたのはなぜなのだろうか。

将門の首は京から故郷へ帰ってきたので「無事帰る=蛙」の語呂合わせから蝦蟇の置物が奉納されているのだと一般的には説明されている。
そこで大手町のビジネスマンの中には転勤になったとき、また戻ってこれるようにと将門塚を参拝したり、蝦蟇の置物を奉納する人もいるそうだ。

私が将門の首塚を参拝したときにも、ひっきりなしにビジネスマンがやってきては線香をあげていた。

④平将門は土蜘蛛だった?

六波羅蜜寺 追儺式3

六波羅蜜寺 節分狂言 土蜘蛛

しかし蝦蟇が『無事帰る=蛙』を意味しているとすると、滝夜叉姫が筑波の蝦蟇の毒気にあたったという伝説の意味がわからなくなってしまう。

私は「無事帰る=蛙」という語呂合わせは後付だと思う。
将門の首塚に蝦蟇の置物を奉納する理由は、これとは別の意味があったのだが、長い年月の間に蛙を奉納する意味がわからなくなってしまったのではないだろうか。

先に述べたように、平将門の首が飛んだという伝説があるが、『土蜘蛛草子』には「空飛ぶ髑髏のあとをつけていくと土蜘蛛の塚があった」としている。

また滝夜叉姫が手下としていた妖怪のひとりは蜘蛛丸という名前であった。
平将門は土蜘蛛なのではないか。

土蜘蛛とは記紀や風土記に登場する「まつろわぬ民」のことであるが、朝廷に従わず独立国を作った平将門もまた「まつろわぬ民」だといえる。

⑤亀石は蛙でドクロを表す?


奈良県明日香村にある亀石は亀を象ったものではなく、蛙を象ったものだとも言われている。

亀石  
たしかに亀石は手足をとった蛙のようにも見える。
そして亀石は妖怪ぬらりひょんの頭部にそっくりである。

ぬらりひょん 

妖怪ぬらりひょん (大将軍商店街 妖怪ストリート)
 
私は亀石はドクロを象った石だと思う。
そして亀石は亀ではなく蛙を象ったものだという説があるが、蛙(ガマ)はドクロを表す隠語だったのではないだろうか。

とすれば将門塚にガマの置物が奉納されているのは、将門がドクロの神であるからだと考えられる。

このように考えると、滝夜叉姫が毒気にあたった筑波の蝦蟇の正体は、京から飛んで戻ってきた将門のドクロだということになる。

神田明神元社・・・京都市 下京区 綾小路通西洞院東入


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください

訪問ありがとうございました!



にほんブログ村

[2017/03/19 20:42] 土蜘蛛の謎 | トラックバック(-) | コメント(-)